兆鴻について

ABOUT
「2001年、私の父親は糖尿病のため傷が治らず、そのため敗血症を引き起こしこの世を去りました。」
徐会長にとって、父親の病死は遺憾以外、疑惑が生まれた、 「炎症は病症の始まり、抗生物質以外に炎症を抵抗する天然の代用品はないかしら?」 「もし有れば、それはこの世にどれほどの人に幸せを与えるでしょう」

数年の間、徐会長は絶えずに各大学院の専門家に接触、打合せ、人体吸収に適合した天然食材を健康食品に製作するため。彼は医食同源を強調し、食物そのものが最良の医薬です。

ブランドストーリー
ブランドストーリーは2009年に辿り、台湾交通大学の廖光文教授と連携し、台湾の食療法の中で肝臓を保護する「蜆」を研究目標にしたです。
実践のために考えた、2010年に兆鴻バイオテクノロジーを創立、研究に集中しそして尽力する、蜆のタンパク質には貴重な効能に類似したものが有ることを発見、そのため蜆の養殖から生産、より厳密な標準プロセスを経て完成。2013年に、兆鴻は台湾で一番最初に蜆タンパク質の健康食品の認証を取得しました、今日まで研究開発チームは努力を惜しまず、もっと良くなるため、初めて全人類の健康に幸せを作り上げられます。
TOP