ウコン蜆双宝
価格NT$ 1,980
現代医学のウコンの応用は、アメリカ医学論文シリーズ(PubMed)の中の第一章にクルクミン生物活性研究の報告が1970年出版、研究はクルクミンがSDラット内容の影響。2015年9月の時点で既に5192個の関連科学論文発表に達しました、ポリフェノール化合物に属するクルクミンは、抗炎症、抗酸化、フリーラジカルをきれいにし、抗癌、心血管保護等の効能が有ります。同時に潜在力有りと認められ、癌、糖尿病、高コレステロール、心臓病、関節炎、皮膚病、アルツハイマー病と多種の慢性炎症性疾患等の治療薬を開発できます。

現代人は常に化学添加物が含む食品を摂取、仕事と休みは不安定、運動不足、常に冷房の部屋に座り、そのため新陳代謝が悪くなり、肥満またはメタボリックシンドロームの現象の形成となる。メタボリックシンドローム(代謝症候群/メタボ)は一種の病気ではない、けれども「病気前」の症候群です。簡単に説明すると、これは「三高一肥」を含まれ、所謂高血圧、高血糖、高コレステロールと腹の肥満です。これらは伝統の治療をするまで達してない異常値であり、しかし沢山の危険信号を示しています、さらに今後高血圧、高血糖になる重要な危険信号となるでしょう。
 
2014年初め「癌は一種の新陳代謝の病気」この仮説が実証され、台湾衛生研究院龔行健院長、清華大学王雯静教授等研究チームが、国際トップの刊行物(米国科学アカデミージャーナル)にて発表。
 
この発見は癌の治療に新たな道筋を作り、全く新しい観念の提出、民衆に人体の新陳代謝の大事さを更に喚起する、バランスの良い食事と運動等で癌の予防治療、これは非常に重要な道しるべです。
 
クルクミンの代謝促進と関連作用の機転に対し、近年の研究と臨床の応用で、重大な成果を得られました。
 
2008年コロンビア大学医学センター糖尿病と内分泌研究センターは、強力な抗炎症と抗酸化作用を持つクルクミンでマウス実験を行い、試しにマウスの肥満で起こしたインスリン抵抗性炎症反応と糖尿病病状の発生を改善。実験結果の発見は、クルクミンは高コレスートロールの飲食による肥満とレプチン欠如の糖尿病マウスを改善出来ます。同時にクルクミンはまた、大幅に白色脂肪組織中のマクロファージを減少させることが出来る、脂肪組織アディポネクチンを増加し、肝臓核因子κB(NF-κB)の活性を減少、肝腫大と肝臓の炎症のリスクを減らす等を発見した。
 
なので、この研究は、クルクミンの摂取は、マウスの2型糖尿病によって引き起こされた肥満関連代謝障害および炎症の問題を回復させる事が可能と結論し、並びに血糖コントロールを改善しました。
 
アメリカボストンのタフツ大学(Tufts University)の動物実験で、実験群を3つのグループに分け、それぞれのラットに低脂肪、高脂肪食とクルクミンを分けて与えました。結果として発見したのは、食料無制限の場合にウコングループのグループは、体脂肪及び体重増加に対しては減少していることが判明し、且つ血糖、コレステロール、脂肪酸、トリグリセリドおよび脂肪肝の指標においても下方を示しました。クルクミン(Curcumin)は確かにマウスの体重増加と体脂肪増加を減少させる事が出来ます。
 
漢方医学において、長庚大学漢方医学科で動物実験を行い、肥満による肝臓脂質の浸潤と炎症現象、代謝および炎症や状況の変化のその調節を改善するかどうかを観察する。実験の結果として、マウスにウコンを与えた後、脂質の合成と蓄積は減少、そしてセルパターンも改善する効果が有ります。ウコンは更に、肝臓内の炎症因子TNF-α、IL-1β、IL-6、IL-10、MCP-1及びIFN-gammaの遺伝子表現とNF-kappaB 、F4/80のタンパク質の表現を減少し、これらによりウコンは肥満によって引き起こされる炎症を軽減する事実を証明した。
食用方法:一日2回、毎回2粒
  SHARE :         LINE
薑黃的醫學史,可上溯5千年之久,在5千年前古印度的阿育吠陀醫學系統裡,薑黃是用在傷口復原、血液淨化以及胃部疾病的主要藥劑。
 
現代醫學的薑黃應用,美國醫學論文系統(PubMed)中第一篇有關薑黃素生物活性研究的報告於1970年出版,研究薑黃素對大鼠膽固醇含量的影響;截至2015年9月,已達到5192篇相關的科學論文發表,屬於多酚類化合物的薑黃素,具有抗發炎、抗氧化、清除自由基、抗癌、心血管保護等作用。並且被認為具有潛力,可被開發為癌症、糖尿病、高血脂、心臟病、關節炎、皮膚病、阿茲海默症及多種慢性發炎疾病的治療藥物。
 
現代人常攝取含化學添加物的食品、作息不定、缺乏運動、常坐冷氣房,促使生理代謝不良,形成肥胖或代謝症候群之現象。代謝症候群並非一種疾病,而是一種「病前」的症候群。簡單說起來,它包含了「三高一胖」,也就是血壓高、血糖高、血脂高和腹部肥胖。這些異常雖然未達傳統需要治療的門檻,但卻代表著許多危險因子的集合,更是影響日後罹患高血壓及糖尿病的重要危險因子。
 
2014年初「癌症是一種新陳代謝疾病」的假設得到印證,由台灣衛生研究院龔行健院長、清華大學王雯靜教授等研究團隊,發表登於國際頂尖期刊≪美國國家科學院刊≫。
 
這項發現不僅為癌症治療開啟新的里程,此一全新觀念的提出,更提醒民眾維持人體新陳代謝正常運作的重要性,透過均衡飲食及運動對癌症的防治,將是非常重要的指引。
 
薑黃素對於促進代謝及相關作用的機轉,近幾年研究與應用在臨床上,顯著的成果。
 
2008年哥倫比亞大學醫學中心-糖尿病和內分泌研究中心,利用具有強力抗發炎與抗氧化作用的薑黃素進行小鼠實驗,試圖改善肥胖小鼠引發的胰島素抗性發炎反應與糖尿病病徵的發生。實驗結果發現,薑黃素可改善高脂飲食引發的肥胖及瘦素缺乏的糖尿病小鼠。
 
亦發現到薑黃素能顯著減少白色脂肪組織中的巨噬細胞、增加脂肪組織的脂聯素、降低肝細胞核因數κB活性(NF-κB)、降低肝臟發炎的發生與肝腫大風險。
 
因此,此研究結論為薑黃素的攝取能回復第2型糖尿病的小鼠所引發的肥胖相關發炎反應和代謝紊亂問題,並改善血糖控制。
 
美國波士頓塔夫茨大學 (Tufts University)進行的動物實驗中,分成3組實驗組別的老鼠,分別餵食低脂、高脂和薑黃素飲食。結果發現,薑黃組的組別在食物量無限制的情況下,體脂和增重方面還是都有減少,且在血糖、膽固醇、脂肪酸、三酸甘油酯和脂肪肝的指數方面也呈現下降;顯示薑黃素(Curcumin)的確能減少老鼠體重和體脂肪的增加。
 
在中醫方面,長庚大學中醫學系進行的動物實驗,利用薑黃針對因肥胖所造成的肝臟脂質浸潤與發炎現象,觀察是否會改善代謝與發炎的情形與其調控和變化。實驗結果發現在給予小鼠薑黃後,有減少脂質的合成、堆積和改善細胞型態的效果。薑黃也可降低肝內發炎因子TNF-α、IL-1β、IL-6、IL-10、MCP-1及 IFN-gamma的基因表現與NF-kappaB、F4/80的蛋白質表現,進而證實薑黃可以減輕肥胖所造成的發炎反應。
 
◎食用方式: 每日2次、每次1顆

 その他のホット商品

TOP